サッシ・窓枠から雨漏り!ロープアクセスで時短&低予算解決!

どうも!即日見積・緊急対応
スカイダーマンです!

今回は漏水(雨漏り)関連でご相談を頂くことの多い

[サッシ廻り]からの雨漏りについて詳しくご説明をしていきたいと思います。

※[サッシ廻り]とは、窓枠付近のことを指します。

外壁サッシ


なぜサッシ廻りからの雨漏りが多いのか・・・


窓は開口部(建物の屋外に向かって開かれた部分)のため
劣化の種類によっては、すぐに雨漏りが発生してしまう箇所です。

また・・・

・構造上、ダメージを受けやすい箇所であること

・しっかりとした雨仕舞い(雨水が入ってこないような処置)が必要であること

など

上記のような理由も雨漏りが多い原因と言えます。

 



実際の雨漏り事例

サッシ廻りのクラック(ひび割れ)からの漏水

こちらは、サッシ廻りの角にクラック(ひび割れ)があり
雨漏りしてしまっていた事例です。

サッシの隅にクラック
サッシの四隅は建物の揺れや伸縮によって
ダメージを受けやすい部分で
クラックが入りやすい箇所です。


経年劣化でクラックが発生したり、
ときには築年数が浅くても発生することも・・・!

 

また、こちらはサッシ廻りに充填したモルタルが肌別れを起こし
クラックが入ってしまっている状態です。

 

RC造(鉄筋コンクリート造)のサッシ取り付けには
サッシを取り付けた後にモルタルを詰め、隙間を埋めることが行われます。

※イメージ:下図の赤マーク部分

モルタル詰め部分

そのモルタルがコンクリートと離れ、浮いてしまうことでクラックが発生して
しまいます。


サッシ廻りシーリング劣化による漏水

木造の建物以外(ALC造などの鉄骨+パネル外壁やRC造)では、
サッシ廻りの雨仕舞は、シーリングに頼るところが大きいです。

そのためシーリングが劣化して亀裂が入ったり、
破断してしまうと雨漏りが発生します。


こちらはシーリングが破断していて、
撤去すると中からは水が出てきました。

破断したシールサッシ目地から水が出ている状態

漏水しているサッシでは撤去後に中から水が出てくることも多いです・・・!


外壁の劣化によりサッシから漏水

ALCやパネル、サイディングなど
外壁の中が空洞になっている外壁の場合、

外壁から雨水が侵入してサッシに水が出てきている
場合もあります。

サッシ廻りのシーリングが健全な場合には
壁面の状態の確認が必要になってきます。


こちらはALCの外壁ですが、
サッシ廻りシーリングは健全でも
上部の壁面や伸縮目地がひび割れてしまっています。

 


サッシ廻り雨漏り補修事例

サッシ廻りクラックの補修

💡四隅のクラックにシーリング刷り込み

シーリングの打替えと合わせて行いまいしたが、
コンクリート打ち放し外壁の為、クリアのシーリング材を刷り込みで補修しました。

クラックにクリアシーリング


💡サッシ廻り肌別れによるクラックに弾性エポキシ樹脂注入

サッシの下から雨漏りしており外壁には大きなクラックが!
ワイヤーブラシで清掃し、弾性エポキシ樹脂注入を行いました。

 

サッシ廻りシーリングの打替え

既存のシーリングの撤去をして

破断したシール

新規シーリングを充填しました。

シーリング打替え後

 

 


 

サッシ廻りの漏水では、
「この階のこのサッシだけ」
ということが多いです。

建物の劣化は場所によって傷み具合も違っています。
ダメージを受けやすく、劣化と雨漏りが直結しやすいサッシ廻りでは
「この階のこのサッシだけ」ということが起こりやすいんですね。

 

その「この階のこのサッシだけ」
スカイダーマンは専門にしております!

 

「せっかく足場を組むなら壁全体をやりませんか?」
 でも予算が・・・!

「高所作業車を手配しよう!」
 オペレーター・警備員と合わせて金額が!道路使用許可も?
  お金も手間もかかるなぁ・・・

そんな風なお困りごとがございましたら、
ぜひスカイダーマンご相談ください!

 

 

高所作業でも 早く・安く!

小さな作業の専門店 スカイダーマンが駆けつけます!

 

オペレーターがご対応▼▼

📞フリーダイヤル 0120-916-437

お問い合わせは無料です!メールフォームでもお気軽にどうぞ